退院時支援に関わりながら、結婚も子育ても両立したい!

新入職スタッフのインタビュー







地域包括病棟に入職された看護師5年目のAさん。

メイトウホスピタルで働くことを決めた理由を聞いてみました。






ーよろしくお願いします。メイトウホスピタルをもともと知っていましたか?



Aさん:よろしくお願いします。実は私、関東からの引っ越しで愛知県の病院は全然わからない状態だったんです。

メイトウホスピタルは知人から教えてもらったことをきっかけに知りました。



ーそうなんですね。土地勘のない場所だと探すのも不安が多いですよね。

なぜメイトウホスピタルで働こうと思ったのか教えてください。


Aさん:これまで急性期の病院で働いていたので、次はそれ以外でと考えていました。

急性期はどちらかというと

「治療に専念する」という比重が大きいですよね。

治療が落ち着いて、その後の患者さんとの関わりはどうなんだろう、といつも思っていたんです。


転職を考えるにあたって、

回復期や地域包括ケアなどを行っている病院がいいなと思いました。

どこで働こうか探していたところ、知人がメイトウホスピタルを教えてくれたのです。


ホームページを見て、退院支援に力を入れていることを知り、見学しようと決めました。

実際に見学させていただくと、

ナースステーションにリハビリやワーカーさん、栄養士さんなど

さまざまな職種の方が情報交換していたんですよね。

ここならやってみたかった、退院支援に携われるのではないかと思いました!





ーメイトウホスピタルで興味のあった「退院支援」に関わることができると思われたのですね。他には何か決め手はありましたか?


Aさん:そうですね。「妊娠や出産をしても働き続けられる職場」であることも大きな決め手でした。


私のこれからのライフプランを考えると、結婚して、妊娠して、子育てして……を応援してくれるかどうかも私にとっては仕事する上で大きな条件のひとつです。


ホームページの看護部のページも何回も見て、子育てをしながらも働き続けている方へのインタビューを読みました。実際に働いている方のお話なので、私自身も結婚、出産しても働き続けられるようなイメージがわきました。




ーライフスタイルに合わせて働き続けられることを大事だと考えられていたんですね。

地域包括病棟で実際、働いてみていかがですか?


Aさん:希望通りの配属でうれしかったです。


働いて感じたのが退院に向けて話が進むのが早いな、という印象です。


退院に向けて、医師だけではなくワーカー、リハビリ、栄養科などの他職種と連携している、と感じました。栄養は〇〇さん、リハビリは□□さんと、誰に相談したらいいかが明確です。患者さんの希望も伝えやすいですね。

それぞれの職種の方が、直接患者さんの元に行って説明しているので、不安の軽減になっているようにも感じます。


実際に働く中で、子育てをしているスタッフが周りから理解されていると感じました。

ママさん看護師さんも多いですね。


お子さんの体調不良で急な休みをとることになったスタッフが、出勤されたときに「大丈夫だった?」と他の方から心配されていたんです。

お互いを気遣う言葉かけを感じて、ここなら結婚してからも働き続けられそうだと安心しています。



ー実際に働いてみて、安心して働けそうだと感じられたのですね。そのように感じていただきうれしいですね。

これからもよろしくお願いします。





ありがとうございました。


LINE公式アカウントへ戻る






病院ホームページはこちら!